死んではいけません

突発的・衝動的だったらしく、二男は遺書も残しませんでした。
何の冗談かと、怒ったり泣いたりして5ヶ月。
自分自身、やはり19歳ごろでしたが、似たような心理状況の経験があるため
わからなくはないような気もするんです。
でも、わたしはしなかった。
二男に死なれ、先月まで、自死とは何かを考え、
どうすれば防げるのか、ないアタマをぎゅうぎゅう絞り
人が死にたいときにこねだす理屈を書き出しては
理論的に潰すという作業をしていました。
今後、一つずつ整理してアップしていこうと思います。

とりあえず緊急に言いたいことを、まず一つ。

死にたい人の多くはこう思っているでしょう。
「死んだら無になる、楽になる。」
 ⇒それは、幻想です!! 根拠がない。
  生体活動が停止して、物質がばらけて地球環境に
  還元される。一個の生物としての体はなくなるでしょう。
  でもその体の活動をつかさどっていた主体性のようなもの、が、
  なくなるという根拠がない。
  目に見えなくても、人間には「気持ち」が存在するように。
  たとえ肉体がばらけても、その司令体が存在し続ける可能性を
  どうやって否定できますか?
「死んだら無になる、楽になる。」ならなかったら、どうするんだ??

以下は、詩です。
二男がいまも苦しんでいるといけないので
冥福を祈って書きました。縦書きのほうがいいのだけれど。
死にたい人は、死ぬ前に、遺族の悲しみを考えてください。



   打擲(ちょうちゃく)
 
  
  母の悲嘆は
  生きながら彼の國へと昇り
  あなたを連れ去った鬱気の鬼を
  その みたまから
  引き剥がし 踏み付け
  棘の杖で打ち据える
  未来永劫

  だから あなたは
  安んじて
  光の中に 立ち給へ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック