地獄図絵が描かれ、受け継がれてきたのは

極楽浄土の安らかさや清らかさを印象付けるために、その対比として、地獄図絵はことさら凄惨に描かれたのでしょう。また、封建制の下で虐げられた庶民が、図絵を見て溜飲を下げることもあったと思います。憎らしい極悪非道の役人なども、いずれバチが当たって地獄に落ち、死ぬより苦しい目に遭わされるのだと思って、庶民は慰めを得ていたのではないでしょうか。それがガス抜きにもなり、反乱を抑えて、為政者側にとっても都合がよかったのかも。

とてもリアルな地獄図絵。絵師は、想像だけで描いたのでしょうか。いえ、そうではないでしょう。昔は、こういうむごたらしいものを現実に目にする機会が、現代人には考えもつかないほど多かったのでしょう。

「地獄」は、確かに、虚構世界かもしれません。
でも、現実を映してもいます。これは「心の傷」の比喩。
ひどいことをされた側の人の「心」は、このようにむごたらしく傷つけられているのだ、と思いながら眺めてみるのも一興では。他人の非道な振舞いにより、さいなまれ、切り刻まれ、血を流し、煮えくり返り、刺し貫かれ、身もだえする「心」。
非道の報いとして描かれる地獄の罰は、
現世で自分が他人に与えた苦しみを映しているのでは。
非道な人は、他人に与えたと同じ苦しみを味わうべきである、と。

他人の心を蹂躙する人に限って、地獄なんてない、バチが当たるなんて迷信だ、とうそぶきそうですが、それがさらに現実を「地獄」にしているような気がしないでもありません。









[戸田屋商店]手ぬぐい 地獄太夫悟道の図手ぬぐい(てぬぐい)・風呂敷(ふろしき)・扇子専門店
和の福田屋
店長の一言コメント吉原界隈 浮世絵名品集 月岡芳年 (1839 ? 1892) 一休和尚が「聞きしよ

楽天市場 by [戸田屋商店]手ぬぐい 地獄太夫悟道の図手ぬぐい(てぬぐい)・風呂敷(ふろしき)・扇子専門店 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

注染てぬぐい 【戸田屋商店】 細川染 吉原界隈 浮世絵名品集 「地獄太夫悟道の図」
江戸のれん
吉原界隈 浮世絵名品集<月岡芳年(1839?1892)>一休和尚が「聞きしより見て美しき地獄かな」と

楽天市場 by 注染てぬぐい 【戸田屋商店】 細川染 吉原界隈 浮世絵名品集 「地獄太夫悟道の図」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

図説地獄 / 地獄研究会 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル実用・ホビーフォーマット単行本出版社イースト・プレス発売日2010年12月ISBN

楽天市場 by 図説地獄 / 地獄研究会 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック