老母の服薬 「成人」の年齢

86歳の老母。アタマが変になってます。
便秘薬の飲み過ぎで下痢になりました。
どのくらい飲んだのか聞くと、

老母「箱に『成人』は通常一回に何錠、って書いてあるわけでしょ?
でもさ、『成人』て、せいぜい50代から60代まででしょ」

 ――は???

老母「で、ワタシはもう、それの倍ぐらいの歳なわけでしょ」

 ↓

だから、老母、薬を通常の倍くらい飲んだらしいです。

「成人って、いったん大人になったら、ずうっと『成人』じゃないの?」
と言っても、
「そんなわけないテ」
と聞く耳を持ちません。

やれやれ。

お好きなように、と言うほか仕方がありません。
どこまでも自分を特別視したいんでしょう。

寝具に「おもらし」してあるのを見れば
結構な水様性の下痢のようでしたが
「おなか痛くないの?」と聞けば
「全然。おなかなんか痛くなったこと今までで一回もない!」と言います。

デリカシーのない人間は
やっぱり痛覚に異状があるのかも。
痛みを知らない人間に
他人の痛みなど想像できっこないですからね。


皆様、本日もお疲れさまです。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック