遺言状の「効力」? 遺志を踏みつけに

遺言状の表現によって、銀行や法務局が相続を認めてくれたり認めてくれなかったりする。
「全ての財産をAに——。」
この——の部分が
「相続させる」「譲る」なら、「与える」意思が明確なので○で、
「委ねる」「託す」などは、単に手続きを任せるだけかもしれないので✖なんですって。
わざわざ遺言状を書こうって人が「単に手続きを任せるだけ」っていう意思を書き遺すとも思われませんけどね。
発端は「負の遺産」を受け継ぐか否かをめぐっての判決なんですかね。
それを前例にして、その後、大金持ちの人が「委ねる」「託す」と書き遺したのを
自分に有利にしようと思った欲深な相続人が、表現が曖昧だから「無効だ」と言いたてた。
 ↓
それがまた前例となって常識化していき、
銀行や法務局は「厳密な表現」でないと手続きしなくなった、ってとこでしょうか。
 ↓
遺言状って、もともと、故人の遺志表明のはず。
相続法だって、「遺言状」とわかる内容+日付、名前、押印だけを条件にしてる。
表現の決まりなんて条文にはないです。
今は法務局で自筆遺言証書を預かってくれるようになり
その預かるための書式には表現に厳密さを求めていますが
それも「前例」「常識」を踏まえた後付けでしょう。

裁判所でする自宅で書いて保管されていた遺言の検認も
「効力」を云々するのが目的ではありません。
あくまで故人本人の遺志であることを認めるのが目的で
検認するんです。

せっかく書いたのに
「効力がない」、と法律家や銀行家やお役人に言い切られる。
思いを込めて書いたものを「無意味な紙きれ」と断言される。
法律の知識のない者が無駄な紙きれを遺した、と嗤われる。
その故人の無念さたるや、想像を絶します。
心ある人間なら、そんな無情なことはできない。
(人間の恨みほど恐ろしいものはありません。
 それは「現実」を超えて届くでしょう。)

前例主義。頑迷固陋。
厳密さを求めれば包容力を欠く。
事案はいつだって個別だし、
時代はどんどん変化して新しい事態が生まれ続けているのに。
「温故」は大切だけど、「知新」につなげねば世の中よくなっていきません。
人の思いを踏みつけにするのは、よくありません。

皆様
本日もお疲れさま。
おやすみなさい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント