テーマ:

言葉は時間を内包する

言葉は時間を内包します 使われてきた歴史の時間 それも含んでいますけれども 言葉は時間を内包します 言葉それ自体が時間です どんなに短いフレーズも 一音節の単語でも 始まりがあり 終わりを持って 波として 世界に起こります 空気を揺らし 心を揺さぶり…… 発する人の時間をかけて 聴く人の「時」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7.13水害から10年

今日は、7月13日。水害から10年のこの日が、日曜だったというのも何かの因縁でしょうか。小雨の中、献花台を訪れる人が多かったようです。 10年の間にいろいろなことが起きました。 水害と同じ2004年の10月には中越地震が起き 3年後に中越沖地震が起き。 2011年3月には東日本大震災。 個人的なことを言えば、 2011年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間、大事なのは筋肉

新聞を配達してくださる方が毎月集金にも来られます。私よりだいぶ年配の女性の方で、ご主人が脳梗塞を起こされ介護なさりながらの新聞配達です。大変な毎日なのに頑張っておいでで、頭が下がります。「よく歳を聞かれるんだけど、言わないようにしている」と笑って言われます。その方との会話で、先日「人間、筋肉が大事」ということで一致しました。「毎日、動い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒濤  鎮魂―散らされた命のために

悲しみの声がうねりとなって世界をめぐればいいと思う 罪なく人に殺される死に方がどんなにか無残であるということを 争い合いの中で忘れ果てている 可哀想な人たちのところへ 悲しみが怒濤となって押し寄せていけばいいと思う 此処から 彼処から ひたひたと 轟々と のみこみに行けばいいと思う 感受性の水  かさかさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生物多様性の中で 有情であるということ

脳の新皮質。ヒトになって、生物に、初めて現れた部分だと、むかーし昔に、習いました。 「文明をつくる動物」という、大学で履修した人類学のテキストにあったと思います。 環境問題論議が盛んになり 人類の活動が地球に悪影響を及ぼしていると指摘され続けると それなら地球のために人類は滅ぶべきでは? などという 極端な思いが浮かぶこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

7・13水害 8周年

きょうは7月13日。2004年の豪雨水害から8周年。亡くなられた方々への追悼のため、昨日、献花台が設置され、夕方のTVニュースで放送されました。決壊当時の映像も流れ、見るのが少々きつかった。あの橋は、あの家々は、今はありません。川の流れを変える大工事が行われ、新しい川底や堤防になる地域の住民は、移転させられました。新設の橋は高く架かり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害からの復興 遊水地への感謝を込めて

私たちの地域では2004年の洪水の後、大規模な河川改修が行われました。決壊再発防止のため川の流れを変え、堤防を高くし、上流に遊水地を設けたのです。2011年にも新潟県全域を豪雨が襲い、各地で大きな被害が出ましたが、その改修のおかげで、刈谷田川流域は、なんとか被害をまぬかれることができました。 (2011年の新潟・福島豪雨は、映画「この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の季節に

毎朝、目覚めるたびに、二男がいないのだ、と、思う。 いない世界に、また目が覚めた、と。 病気は災害と同じ。二男が鬱病だと告げたとき、母はそう言った。 災害からは復興できるし、病気だって治る。 苦しいし、時間はかかるけれども。 鬱病の二男も治るはずだった、自分で死ななければ。 私は現実(ここ)が嫌いだ。人間世界は苦界だと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親は疎まれても

親は子をかわいがるけれど、子には疎まれるものですよね。 遺族になる家族が哀れだから、自死はしないで、と頼んでも、兄弟はともかく、親なんて、傷ついて当たり前だと思う人もいるのかな。疎まれるのも、親の役目ではありますが。 親は、馬鹿です。疎まれても傷つけられても、かわいいという気持ちは止めようがない。亡くなった二男にも、とめどなくあふれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蜜」「果実」「乳」 生態系の良心

現状の生態系のめぐりには殺戮が不可欠である。しかし、殺戮なしに他者に食物を供給する方法として生態系があみだしたのが「蜜」「果実」「乳」だ。 生態系はめぐり続けなければならない。 植物だけで生態系がまわればよかったが、動物が出現した。動物は他の生物体を構成する物質を摂取して生命を維持する。それは、対象が動物の場合は捕食となる。殺戮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ生きなくてはいけないかという問いについて

なぜ生きなくてはいけないのか。 たぶん、まだ、納得できる答えは出ません。 ほかの生物と同様に、生態系を維持し、種の存続の 一端を担うためとしかいいようがありません(わたしには)。 生物は、いえ、地球は、さらに言えば宇宙は、 誕生したときからずっと、みな、 この問いを抱えていたように思います。 なぜ生まれ、どこに向かうのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死んではいけません

突発的・衝動的だったらしく、二男は遺書も残しませんでした。 何の冗談かと、怒ったり泣いたりして5ヶ月。 自分自身、やはり19歳ごろでしたが、似たような心理状況の経験があるため わからなくはないような気もするんです。 でも、わたしはしなかった。 二男に死なれ、先月まで、自死とは何かを考え、 どうすれば防げるのか、ないアタマをぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more