テーマ:自死遺族の思い

「本当の自分」って? 2017年紅白の感想

2017年NHK紅白歌合戦。「夢を歌おう」というテーマだったせいか、似たような内容の歌にかたよっていましたね。目立ったのは「本当の自分」という言葉。「本当の自分に逢う」とか「本当の自分を探す」とか。自分の思いのままに、とか。 うんざりなさいませんでしたか? 土居健郎先生のご著書を初めとし、日本文化論や日本人論が華やかだった1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲートキーパー研修会に参加しました

ゲートキーパー研修会。民生委員その他を対象に、市のホールで行われました。 1 市の自殺の現状及び取り組みについて 2 講演(県内大学の臨床准教授による) 3 ゲートキーパー手帳について   ↓ メインは講演でした。 自殺の原因はいろいろだが、 自分で命を絶つとき、人はうつ状態になっていると思われるので、 自殺防止にはうつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被害者への呼びかけだけでなく、いじめる側を説得する努力を

新学期に子供の自殺が増える傾向があるということで、夏休みの終わりごろから、NHK教育で特集が組まれていましたが。 つまるところ、被害者に「死ぬな」「逃げろ」「物わかりのいい大人に(相談窓口など)に相談してね」と呼びかけただけですよね。 振り込め詐欺への対応と同じ。 被害者にならないよう、警察や行政は口をすっぱくして高齢者に呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通じることもある 中学校から返事がありました

2016年12月13日に 教育現場の「いじめ」認識が甘すぎる http://yohm.at.webry.info/201612/article_1.html というタイトルで書きましたが。 いじめ劇《道徳の授業の確認》 あらすじ  いつも一緒にいる里沙と恵美でしたが、部活でレギュラーになった里沙に対する小さな嫉妬心から恵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相談員資格のハードルが高すぎる いのちの電話

今朝のNHK新潟のニュースの時、「いのちの電話」の相談員が不足しているので募集しているとお知らせがありました。HPから応募資格等を閲覧してみたのですが、これではなり手がないというのも当然です。 人命を左右する難しい仕事だから、ということなのでしょうけれど。素人が手を出すなと言わんばかりの内容です。 ●心身ともに健康な23~66歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟県民をやめたくなった日

秋の知事選で4期目を目指していた泉田知事が、立候補をやめてしまわれました。 フェリーの問題で 事実とは異なる報道を続ける新潟日報との対立が 県政に支障をきたしているからだということです。 幾度もの災害復旧をはじめ、県のために尽力されてきた方が こんな形で県政から身を引かれることが悔しく、残念でたまりません。 新潟日報も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母方の伯父が亡くなりました

先日。終戦記念日の夕刻ですが、 母方の伯父が亡くなりました。行年88歳でした。 この伯父にはとてもかわいがってもらいました。 うちの両親は共稼ぎだったため、 私たち姉妹は母方の祖母宅の世話になって育ちました。 学校が終わると近所にある自営業の祖母宅に帰り、 親が帰る時間まで過ごさせてもらったんです。 学童保育なんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贅沢な悩み 延命治療を拒否する年寄り

昨日のNHK「あさイチ」で延命治療についてやっていたんですけど。 ・口から食事がとれなくなった病人に 経鼻管とか胃瘻とかで栄養を摂らせる。 ・自発呼吸ができなくなった病人に対し 気管を切開して人工呼吸器を付ける。 などが、いわゆる≪延命治療≫だということらしいです。 で、番組のレポートでは そういう病人を看取った家族は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

理想の老後  あるいは、迷惑をかけないということについて

自分は何もしなくても三度三度おいしい食事が出てきて、片付けもしなくてよく、ごみ出しも掃除も洗濯も誰かががやってくれて、自分はただ、気の合うひととおしゃべりしたり、趣味を楽しんだりして暮らしていける。 ――これが、老母(84)の描く理想の老後の形のようです。 私も五十代半ばを過ぎ、特に健康に不安はないものの、いつどうなるかわかりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間五十年

自分があとどれくらい生きられるかわかった場合、 残された時間、どうしたいですか? 精一杯好き勝手にしたいと思う人と 周囲の人のためにできるだけのことをしていきたいと思う人。 できれば 後者になりたいものです。 なれたらいいなあと思います。 寿命がわかればもっと計画的に生きられるのに なかなかそうはいきませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cメールの混線? それとも…

昼寝をしていたら、Cメールの着信音がしたので 飛び起きて見てみると長男の名で「発券の裏にいるよ。」と。 意味不明だったので、長男が宛先間違えたんだろうな、と思い 「何?」と返信。 すると別のCメールが入り、それは従弟からで、 お歳暮送るため住所の確認をしたいということでした。 それにもすぐ返信。 なのに 着信履歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくわからない 永代経懇志

来月、亡義母の一周忌と納骨法要を営むのですが。 永代経懇志をどうしたものか迷っています。 納めた人の名前と金額が、 紙に書かれて本堂にずらりと張り出される、あれです。 うちは、 浄土真宗大谷派のお寺ですが 別の宗派のお寺でも張り出されていますよね。 4年前の亡二男のときは49日のとき納骨をし、 お寺様には …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もお盆が来て

8月に入ってから、ちょっとしたことで二男を思い出し、涙が出て仕方がありません。 昨年末に沖縄の母を亡くし、新盆ということで、「お盆」というものに対し感傷的になっているせいもあると思いますが。 うちの敷地はお寺の墓地に隣接していて、 お墓参りの人々の様子がよく見えます。 今年は、例年になく出足(?)が早かったですねー。 いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和のためには  「愛」は諸刃の剣

8月2日・3日は、長岡の大花火大会でした。長岡空襲で犠牲になられた方々の慰霊のための花火です。 誰だって、戦争はこりごり。だから平和を願い、祈るわけです。 でも、祈るだけで十分でしょうか。 「世界平和のためにできることですか? 家に帰って家族を愛してあげてください。」 マザー・テレサの言葉です。 人を、大事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お詫びは難しい マニュアル通りでは伝わらない

「ひどいクレーマーが増えて問題になっている」と、先日NHKの番組で言っていました。必要以上にキレてしまう客に、神経を病んでしまう店員さんもいるそうです。 謝り方って、難しいですね。 今は、クレーム処理のマニュアルをどこの企業も持っていて、 少しのトラブルならスムースに収まるようです。 でも、この「マニュアル」が曲者で。 た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこも今でも? 土建屋のパワハラ

長年、老母の庭の手入れをしていた庭師さんが数年前に廃業し、冬囲いやら剪定やらに困った老母が、知り合いの建設業者さんに頼みました。よくある「〇〇組」という名前の建設業者さんです。土建屋さんですね。 老母は造園業者さんを「紹介」してと頼んだつもりだったのですが 〇〇組の社長さんは「仲介」を頼まれたとして、 毎年時期になると造園業者さん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

子供はたっぷり寝てください 睡眠障害と鬱病

昨夜のNHK「クローズアップ現代」は子どもの睡眠障害が話題になっていました。 起きられないアイちゃん(仮名)の様子が 三年前鬱病で自殺してしまった うちの二男の中・高時代とそっくりでした。 ほっぺをピシャピシャたたいても 眠くて眠くて…… 毎朝、毎朝でした。 それでも、二男は なんとか毎日、登校してました。 無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を広く持てれば

2015年が明けました。 年末の紅白歌合戦。 美輪さんを見逃したくないので 中盤からずっと、見るとはなしに見ていました。 戦争反対のメッセージを込めた曲がいくつかありました。 日本を代表するアーティストの方々が 戦争のない世界への思いを歌ってくだるのはありがたい。 戦争、してはなりません。 現在は、戦争で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれはあれの一生と

沖縄の母(夫の母)が亡くなり、行ってきました。 二か月前から入院していたのですが こちらの要介護4の老父と 超依存症の老母の世話にかまけて 沖縄の母には何もしてやれませんでした。 満で85歳、数えで86歳でした。 若いうちからがんになり、何度も手術していました。 最後は全身に転移して、亡くなってしまいましたが こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期だからといって2

思春期になり、親を邪険にする少年少女。 彼らに対し、 「そういう年頃だから」 「そっと見守っていなくてはいけないんだ」 と、親の方が我慢を強いられる時代です。 忠孝を柱にした封建制の時代なら、 たぶん、そんなことは少なかったんじゃないでしょうか。 今の時代、忠孝なんか重視されるべき 規範ではないのでしょう。 でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏には人がなる 徒然草にも

徒然草第243段。最終段です。 八つになりし年、父に問ひていはく、「仏は如何なる物にか候ふらん」といふ。 父がいはく、「仏には人のなりたるなり」と。 また問ふ、「人は何として仏にはなり候ふやらん」と。 父また、「仏の教えによりてなるなり」と答ふ。 また問ふ、「教へ候ひける仏をば、なにが教へ候ひける」と。 また答ふ、「それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「無用の用」の解釈について

「荘子」からできた故事成語に「無用の用」があり 「役に立たぬように見えてもかえって役に立つことがある。世の中には無用なものは存在しないという教え」という意味で使われているようです。 広辞苑にも 無用の用〔荘子人間世〕無用とされているものが、かえって大用をなすこと。」 とあります。 ・不材をもってその天年を終う。 ・直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡き二男の誕生日

生きていれば24歳。年男でしたね。 死んだ子の年齢を数えても仕方がありませんが。 文化の日は、晴れが多いように思っていましたが きょうは雨。冷たい雨でしたね。 全日本剣道選手権大会で優勝したのは 筑波大学3年の選手でした。 学生での優勝は四十数年ぶりの快挙とか。 筑波大学3年。 二男が死んでしまったときと …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっと祥月命日が終わりました

日付が変わりました。 やっと二男の祥月命日が終わりました。 このところ、なんだか無明の闇に閉ざされていく一方の気重な日々でした。 やっぱり、 一周忌、三回忌と法事があった年は それなりに気がまぎれていたんだなあと思います。 今年はとりたてて何もせず 庭に隣接するお寺の墓地に墓参に行き 仏壇まわりにいつもよりたくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祥月命日が近づいてきて

10月に入り、祥月命日が近づいてくると、やっぱり滅入ってきます。日が短くなってくるせいもあるだろうけれど。10月になって、21日に自分で死んでしまうまで、二男が何をして何を思っていたのだろうと、四六時中そればかりをたどろうとしてしまいます。 御嶽山噴火でご家族を亡くされた方のお気持ちとも重なり、少々きつい日々が続きます。 だれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面倒くさがりの老母の発言から 「楽」と「苦」について

千葉の甥っ子が結婚するらしく。85歳の老父と82歳の老母に楽しみができてよかったと思ったのですが。もし東京で挙げる結婚式に招ばれたら車で連れていくよと言ったところ、老母が「考えただけで面倒くさい。そんな目に合うなら死にたい」と変なことを言いました。 二男を自死で亡くしている私に向かって、その親が言う言葉とも思えません……。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プライド」や「誇り」の怖さ

人間、プライドが大事だと思っている人は多いんでしょう。でも、プライドって、人を醜く見せる要素の一つにもなります。気位の高い人は、敬遠されるでしょう? 人を嫌な気分にするから、嫌われるってことです。 なのに人間は、「誇り高き~」というフレーズに魅力を感じてしまいます。 で、 日本人としての誇りとか、 〇中生としての誇りとか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者に行きたがらない年寄り

梅雨期のせいか 肺気腫の老父(85)が喘息系の咳をします。 苦しそうなので医者に行こうかと言っても 手を横に振って「不要」サインを出すし。 老母(82)が「お医者さんに来てもらおうか」と言えば 「俺のどこが悪いってか」と怒り出す始末。 別に人格を否定しているわけじゃないのに 「体調が悪い」と周囲に思われるだけで 不良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7.13水害から10年

今日は、7月13日。水害から10年のこの日が、日曜だったというのも何かの因縁でしょうか。小雨の中、献花台を訪れる人が多かったようです。 10年の間にいろいろなことが起きました。 水害と同じ2004年の10月には中越地震が起き 3年後に中越沖地震が起き。 2011年3月には東日本大震災。 個人的なことを言えば、 2011年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディングノートが流行しているらしいですが

以前、NHKで観たのですが「エンディングノート」というものが流行っているそうですね。折しも、江原啓之さんの「あなたは『死に方』を決めている」(中央公論新社)という本を読んだばかりのときで、そこにも「エンディングノート」の勧めがあったため、関心をもって番組を見始めました。でも、「?」と思いました。ちょっと違うなあ、と。 流行りの「エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more