テーマ:無常

人間五十年

自分があとどれくらい生きられるかわかった場合、 残された時間、どうしたいですか? 精一杯好き勝手にしたいと思う人と 周囲の人のためにできるだけのことをしていきたいと思う人。 できれば 後者になりたいものです。 なれたらいいなあと思います。 寿命がわかればもっと計画的に生きられるのに なかなかそうはいきませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち葉掃き 利休の思いやり

庭の紅葉を楽しんだ後は、落葉です。 道路にいっぱい落ちてしまうのを掃かなければなりません。 晴れて風のない日でないと、掃きにくくて困るのですが。 本日は、全国的に小春日和。 落葉の季節に、あわせて在るかのような日和ですね。 落ち葉掃きを少しでも楽にさせてあげようという、 天のお恵みなんでしょうか。 掃いていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痴呆という誤解 認知症

老父(86)は、中程度の認知症です。昨秋、全身衰弱で入院した際、そう診断されました。 あれから半年以上。身体はよろめきながらも歩けるほどに回復し、怒りっぽかったのも落ち着いて、週3回デイサービスに通っています。 認知症なので、 さっき食事したのを忘れたり、 沈む夕日を見て 「おー、夜が明けて来たのう」と言ったり、 いろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーフローするチューブ 生物は何でも

尾籠な話で恐縮です。要介護4の老父(86)は、このところ常に便秘で、4~5日おきに座薬を入れないと出ません。体調が悪い部類に入るんでしょうけれど、このほうが介護はものすごく楽です。こうなる前は失禁しても気づかず、始末が大変でした。ほぼ毎日でした。何から何まで、漂白+お洗濯~♪ でも今は、座薬だと便意を認識できるらしく、入れて2時間くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祥月命日が近づいてきて

10月に入り、祥月命日が近づいてくると、やっぱり滅入ってきます。日が短くなってくるせいもあるだろうけれど。10月になって、21日に自分で死んでしまうまで、二男が何をして何を思っていたのだろうと、四六時中そればかりをたどろうとしてしまいます。 御嶽山噴火でご家族を亡くされた方のお気持ちとも重なり、少々きつい日々が続きます。 だれの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木国土悉皆成仏 森羅万象即法身

草木国土悉皆成仏。 →梅原猛先生がよく持ち出される言葉です。天台思想から引かれているようです。 よろづ生きとし生けるもの 山河草木 ふく風波の音までも 念仏ならずといふことなし。 →時宗の一遍上人が言われた言葉です。 森羅万象即法身。 →室町時代の連歌師、心敬僧都の言葉です。 自然界のすべてのものが「仏性」をもつという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「諸行無常」にぽかんとされるお坊様たち

仏教関係の集まりでいろいろなお坊様にお目にかかりますが、「諸行無常」と言ったとき、お坊様にぽかんとされることがあります。「どういうことですか?」と聞かれることもあります。釈迦に説法じゃん、試されてるのかしらといぶかりながら 太古から未来へ永劫に続く時間が流れているところに物質のさまざまな粒々があって、流れ続ける時間の中で縁を得てさまざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「現実」は物質界、粒々と波

「現実」は個々の人間の認識世界の共有場。 そこは「客観世界」、物質界です。 いろいろなものはさまざまな粒々でできていて、 音も光も、「波」です。 生物はどんな生物も、(機能だけとらえて) デフォルメすれば個体はそれぞれ「管」です。 物質の粒々の揺れ動きの中で やはり物質の粒々の寄り集まったものが 管の姿を形成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more