テーマ:戦争と平和

「正しさ」は人が作る 正義も煩悩

昨日、檀家になっているお寺で正信偈についての勉強会があったので行ってきました。 その中で、講師の方が、「正しさ」を話題にされました。 いろんなことで行き詰まり、迷い、正しさを求める人たちを、ヨガ教室や自己啓発セミナーを入り口にして引き込む(オウムやアレフなどの)宗教団体が、近年、勢いを盛り返している、という話の中でしたが。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃絶すべきは核兵器だけでなく

米国の大統領が広島を訪問するということで核廃絶の機運の高まりが期待されています。 核兵器だけでなく、兵器はすべて、廃絶の方向に向かってほしい。 戦争や紛争が地球上から消えてほしいと思います。 何かにスポットが当たると、他のすべが闇に沈んでしまう。 それが、人間の目というものです。 でも、原子爆弾だけでなく、焼夷弾による空襲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人のしゅくだい 地球も

日本では考えられないことですが、「テロが不安だから護身のために武器を……」外国ではそういう考えの人が結構いるのかも。でも、NHK朝ドラ「あさが来た」で新次郎さんは こんなこと言っていました。 武器で脅すと、相手はもっと強い武器をと思う。 そしたらこちらもまたもっと…。 それは太古の昔からあほな男どもの繰り返してきたことだと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のアタマで考える

安全保障関連法案が参議院でもようやく可決され、ひと安心しています。 可決を受けての街頭インタビューでは やっと賛成派の意見も流されるようになりました。 NHKでは、取り上げ方が半々になっていました。 賛成派の人達は、中国などの脅威を認めていて 「抑止力になるから」賛成、と言っていました。 それに引き替え、反対派の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党の兵隊

安保関連法案に反対して騒いでいる人達。 民主党などは採決を連休明けに持越し、 連休中、国民の反対運動をさらに盛り上げたいと 煽動に躍起です。 昨日も 道路に寝っ転がって 車を動かせないようにした人たちの映像が 何度もテレビで流されました。 本人たちは嬉々としていましたが 危ないですよね、敵視している相手はもちろん、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争を防ぐためには 隙を作らない

剣道の試合を見たことがありますか? ものすごく高段者どうしの試合です。 動かない時間の方が長いですよね? 今の国際情勢は、あれと同じです。 たいていの国が武力をもち、 よそからいつ攻撃されるかわからない状況で、 睨み合っている。ずっと。 今、保たれていると思っている「平和」とは、実はこういう状態でしょう。 「止め!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争体験談の課題 原因分析の視点を

戦後70年ということで、改めて「非戦」を強く誓うわけですが。 戦争は悲惨。繰り返してはならない。 それはよくわかります。 若い世代にもそう伝えなくてはならないというわけで 戦争体験を直に伝える試みが 各地で行われているようです。 戦争は悲惨。繰り返してはならない。 戦争体験者の話を聞いて 若い人達も、強く思っては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和のためには  「愛」は諸刃の剣

8月2日・3日は、長岡の大花火大会でした。長岡空襲で犠牲になられた方々の慰霊のための花火です。 誰だって、戦争はこりごり。だから平和を願い、祈るわけです。 でも、祈るだけで十分でしょうか。 「世界平和のためにできることですか? 家に帰って家族を愛してあげてください。」 マザー・テレサの言葉です。 人を、大事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民の命はどうする? 民主党

国会で参議院の審議が始まりました。民主党は「集団的自衛権は違憲だから」という理由で、安保法案を廃案にすべきだと主張する方針のようです。 昨今は国際情勢が緊迫しているので、「国民の生命と財産と幸福を守る」ために必要だという考えから、今回の法案を与党が出しているのに、違憲だからといって廃案にしたら、国民の生命と財産と幸福は守らなくてもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煽動される体質こそ戦争への…

よほどの「存立危機事態」にならなければ、集団的自衛権すら発動しない、ということなのに、戦争反対と訴えて今回の安保関連法案に反対する人達。矛先を、自国の首相に向けてどうするんでしょう。日本が戦争を仕掛けるわけじゃないんですよ。 現に日本を威嚇している「外国」があるので、万が一の事態に備えて、同じ民主主義国の助けを借りられるよう、法案が国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつだって首相へのリスペクトのない国 日本

東日本大震災が起きた時、日本中のヒステリーを一手に引き受けたのは菅直人さんでした。何でもかんでも首相のせい。本当に未曾有の事態で、誰も最良の対応方法なんか知らないくせに、孤軍奮闘、なんとかしようと努力している首相に対し、日本全国津々浦々、悪口雑言の嵐でした。誰も助けなかった。同じ民主党の人達でさえ。 今、日本の原発は全部止まっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風評被害よりヒドイ 「とりあえず反対」の人たち

安保関連法案が衆議院を通りました。でも、連日、反対運動のことが報道されます。老父母のところに来られた介護マネージャーさんまでが茶飲み話に「安倍さんがあんな法案をごり押しするから台風が来るんだという人もいますよね~。」と笑顔で言われたので吃驚。あ~あ。風評被害の何倍もヒドイ。台風が誰のせいですって?? 反対の世論を煽るテレビを見て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会 民主党 恥ずかしい

お昼のニュース。強行採決反対の民主党のパフォーマンスが恥ずかしすぎ。テレビも映さなければいいのに。阻止パフォーマンス、みっともない。民主党のほうが強行でしょう。まだ参議院で審議するんだから、これで決定じゃないでしょ。そこで理路整然と、国民みんなが納得するような反対意見を出してごらんなさい。きょうの民主党は映りたいだけ。本当に恥ずかしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党になるとテレビを消す 国会中継

老人エリアの掃除をしていた時、要介護4の老父が国会中継をつけっぱなしにしてウトウトしていたので聞くともなしに聞いていました。維新の党が対案を出したのでそれに対する質疑応答が行われていました。 やーっと、国会らしくなりましたねー。感慨無量です。 防衛に関する理論構築は自民・公明のほうが何枚も上手なのは仕方がない。 でも、今の国際情勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和」のために「戦う」という矛盾

今、集団的自衛権の行使をめぐっていろいろな発言があるわけですが。 「反対」という人の中には 「よくわからないから反対」という方々が大勢いらっしゃいますよね。 で、政府の説明が不足だと言う。 説明を聴く機会がない、というだけの場合でも 政府の「説明不足」だと言い張る。 それを自分の「勉強不足」だとは意地でも思わない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「僕たちは戦わない」 いい歌ですよ

ダイソーでレジに行こうとしたら流れてきて、涙がでてきたので棚の間で人目を避け、終わるまで聴いてしまいました。いまどきの歌でこうなるなんて、おにゅうpさんの楽曲以外にはないことなんですが。 憎しみは連鎖する。だから今断ち切るんだ、、、だったかな? だーれの歌だろう、と、 歌詞の断片が頭からこぼれないようにそーっと運転して帰宅して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなが世界の一部 自分も他人も

自分を中心に世界が回っている、と感じている人は多いのでしょう。 遠藤周作さんですらこんなことを書いています。  たしかにどんな人だってその人の人生という舞台では主役である。そして自分の人生に登場する他人はみなそれぞれの場所で自分の人生の脇役のつもりでいる。  だが胸に手をあてて一寸、考えてみると自分の人生では主役の我々も他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和を守るには

国会で安保法案の審議が行われています。 国のことを考えて 法案の文言を精査するための議論ならいいけれど どうも野党(民主党)の人は 法案そのものを廃案にして 安保法制にアレルギーを持つ国民を取り込み 政権奪回したいだけ、というのが見え見えで うんざりです。 議論すべき対象は「法案の文言」でしょうに。 原案に反対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火の音で 認知症老父

どこかで運動会か、お祭りか、何かイベントなのでしょう。今朝は7時に花火の音がしました。その後も数回鳴りました。 認知症で足腰も弱り(要介護4)、ふだんベッドに寝てばかりいる老父(86)、驚いたようです。 たまたま私が庭を見ると、 老父が一人で外にふらふらと出ていました。 ちゃんと靴を履いて。 玄関の戸も閉めて。 何かにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五濁悪事の群生海で

性善説と性悪説。人間の本質は善か悪か、という議論が昔からあるわけですが。 どちらでもありません。縁により、そのときどきで、善人になったり、悪人になったりするんです。 (と、親鸞聖人も兼好法師もおっしゃると思います。) 集団心理に絡めとられ、残虐な行いをする人たちの中の何割かは、ふだんは気のいいおじちゃんだったり、おにいさんだったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒りは大切 我を忘れずに怒る

テロ事件を受けて、ある学校では、生徒に「怒りや憎しみを抱くのではなく、どうしてこうなったのかを考える」よう指導する方針だそうです。もっともな方針に聞こえます。でも、理不尽な行為に対する「怒り」は、抱いた方がよろしいでしょう。 (「怒ったら終わり」と、  いくら誰かが言ったとしても、です。  怒鳴ってはいけないけれど、怒りはたいせつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人のしゅくだい 「表現の自由」考

「表現の自由は大事」という理由の一つに、抑圧に対抗するため、ということがあると思います。 ファシズムや専横君主の恐怖政治に打ち負かされないため、ということです。 それは、個人の尊厳を守ると同時に、 社会が全体主義に傾いて戦争になだれ込むのを防ぐためでもあるはずです。 戦争になだれこまないため。 戦争を防ぐため。 争いを避…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を広く持てれば

2015年が明けました。 年末の紅白歌合戦。 美輪さんを見逃したくないので 中盤からずっと、見るとはなしに見ていました。 戦争反対のメッセージを込めた曲がいくつかありました。 日本を代表するアーティストの方々が 戦争のない世界への思いを歌ってくだるのはありがたい。 戦争、してはなりません。 現在は、戦争で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトの脳は価値判断するから

ヒトを他の動物と区別するのに 「二足歩行」だの「火の使用」だの「道具の使用」だの いろいろ言われるわけですが。 脳に「新皮質」があることも、ヒトの大きな特徴の一つです。 「価値観」の座ですね。 事象の中から、生存に「適・不適」を見分けて記憶し、 後で生かすことで、自然の中で非力でも 人類は存続できてきたのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プライド」や「誇り」の怖さ

人間、プライドが大事だと思っている人は多いんでしょう。でも、プライドって、人を醜く見せる要素の一つにもなります。気位の高い人は、敬遠されるでしょう? 人を嫌な気分にするから、嫌われるってことです。 なのに人間は、「誇り高き~」というフレーズに魅力を感じてしまいます。 で、 日本人としての誇りとか、 〇中生としての誇りとか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完食は最大の賛辞 さすが美輪さん

3月24日NHK「世界遺産ドリーム対決」。夕食後、テレビをつけっぱなしにしていたら、たまたま、美輪さんが映ったので、見始めました。オスマンVSハプスブルグ。同時期に600年も繁栄をつづけた二大帝国について、二手に分かれてそのすばらしさをプレゼンし、最後に審査員が判定する、という構成でした。美輪さんは、その審査員のおひとりとしてご出演でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活男くん… 3月22日NHK「ごちそうさん」

3月22日「ごちそうさん」。 活男くんの戦友が訪ねてきて、主計兵としての働きぶりを伝え、遺品の手帳を渡していきました。 手帳には、兵隊の時に見た夢の記録が。おかあさんが料理を作ってくれるのにどうしてもそれを食べることができないという夢だったようです。 なのでめ以子は、そこに書きつけられていた料理の数々を可能な限り作って並べ、活男く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり乳と蜜と果実 NHK「ごちそうさん」2月7日

NHK朝の連続ドラマ「ごちそうさん」。いつのころからかはまって、毎日観るようになりました。 今朝はヒロインめ以子のおさななじみの源ちゃんが、拒食症になった理由が明かされる回でした。 体調を崩して戦地から帰された源ちゃんが市場で倒れ、めい子が看病を始めていたのですが、 何を食べさせてももどしてしまうんですね。 その理由は、「食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興特別所得税と三根山藩

今年も確定申告の季節になりました。支払調書を見て、例年の所得税のほかに、今度から「復興特別所得税」が源泉徴収されていることに改めて気づきました。 先日から国会が始まりテレビ中継の中で「復興」という言葉が何度も飛び交っていたこともあり、思い出したのは、昨年こちらのお寺の聞法会に講師としておいでになった陸前高田のご住職のお言葉でした。「世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more