遺言状の「効力」? 遺志を踏みつけに

遺言状の表現によって、銀行や法務局が相続を認めてくれたり認めてくれなかったりする。 「全ての財産をAに——。」 この——の部分が 「相続させる」「譲る」なら、「与える」意思が明確なので○で、 「委ねる」「託す」などは、単に手続きを任せるだけかもしれないので✖なんですって。 わざわざ遺言状を書こうって人が「単に手続きを任せるだけ…
コメント:0

続きを読むread more