テーマ:介護

修行の日々 老母の扱い

老母(86歳)はまだ要支援2です。今月半ばに受けた再審査の結果によっては介護度が変わるかもしれません。足がしびれる・痛いと言い張っている以外は、対外者との会話は普通にできるので、認知症には見えません。 でも、物事を自分の都合のいいように記憶します。 それを訂正すると「ウソだテ。アンタの妄想だテ!」と怒ります。 その後、めまいが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続関係改正「居住権」 介護した嫁にも認めてあげて

昨日からニュースで「民法(相続関係)」の改正の話題が流されています。配偶者に「居住権」を与えるというものだそうです。それなら、夫亡きあと、夫の親を介護して看取ったお嫁さんにも、居住権を認めてあげてほしいと思います。 現在では、故人の「配偶者」と「子」にしか相続権がありません。 夫の兄妹姉妹が遠くに住んでいて、夫亡きあと、老いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母とATM 硬貨も下ろせる最新型

老母(86歳)の介護度は、まだ要支援2です。自称「脊椎管狭窄症」と、たぶん生活不活発で、要支援2を貰えてるんだと思います。 でも、このところ、おつむの緩みにも拍車がかかってきました。 今日は年金支給日です。銀行に連れて行ってくれと言われました。 記帳もだいぶしていないから、今日はする、と張り切っています。 (ATMで記帳をす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原戸籍を取るのが面倒 相続手続き

3月に87歳で亡くなった老父の遺産は、 住んでいる不動産と、銀行預金だけでした。 相続税の心配なんて全っ然いらない額です。 不動産だけで総額の2分の1になるので 不動産を配偶者(母)が相続し、 預金を子たち(姉と私)で分けてもよかったのですが 母も、この先もし私が先に死んだら施設に行かざるを得ないので その費用にあてる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続 介護者に寄与分を認めないという現実

先月老父が亡くなり、死後の手続きをいろいろしてきました。 急ぐものは終わり、あとは遺産分割です。 遠くにいる姉は老父母の介護を何もしなかったので    (年に2、3度、日帰りで、昼前に着く新幹線で来て    「お父さんとお母さんが元気で安心した。    これからもよろしくね」と言いながら3時過ぎに帰って行きました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老父亡くなりました

あと少しで満88歳だったのに。(門牌の行年は89歳になってましたが。) 急に亡くなってしまいました。 認知症で要介護4ですが、老衰というわけではなく、 死因は「腹部大動脈瘤破裂」です。 一週間くらい前、おむつ交換の時 いつも通り元気よく「何してる! 痛い! やめろ!」と怒鳴っていたのに、 終了後、ふいに「ありがとう、あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症 「易怒的」な高齢者

来月で米寿の老父。認知症で要介護4です。デイサービスの計画書の所見欄に「易怒的」と書かれています。怒りっぽいってことですね。 デイサービスは、今、ベッドまで車椅子送迎をお願いしています。出かける時は大抵機嫌が悪い。私や介護士さんが優しく手を添えるのに、触られると「痛い!」「何するんだ!」と怒鳴る。噛まれたこともあります。 自宅で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来月から民生委員です

今日は11月9日。寒くなりました。8月の頃は、12月なんてまだまだ先、と思っていたのに。 8月某日、現民生委員の方が訪ねてこられ、 「あなたにお願いがあるんだけどさ」と。 同じ町内の人で顔見知りではありましたが 男性で、15歳くらい年上の方。 そう親しい間柄でもないので 何の勧誘だろう??と思っていたら 「民生委員やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護の予備知識を

今要介護4の老父(87)を見ていて思ったのですが 在宅介護って、ほとんどやり方を知らないところから始まります。 おむつの使い方を知らないうちに 便失禁が始まったりするわけです。 介護士さんたちは、 あらかじめ勉強しているし 施設によって決まっている作業の仕方にしたがって 手際よく始末してくださるのですが 家族はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母の日めくり

老母(84)は日めくりカレンダーを使っています。 今日が何日かわからなくなると困るからだそうです。 ある日。 その日は月曜だったのに 老母が、今日は火曜だから…的な話をしました。 私が「今日は月曜だよ」と言っても、譲りません。 老母は自信たっぷりに日めくりを指さしました。     ↓ 確かに、「火曜」なんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護用品としてのガムテープ

要介護4の老父(87)は、便失禁があるので、いろいろ汚します。 寝具や衣類についた汚れは うっすらこすったようなものでも、見たら洗いたくなってしまいます。 でも、なかなかこっちの思い通りにベッドからどいてくれないので 替えられなくて困ります。 そこで最近ガムテープを使い始めました。 布団カバーやシーツのうっすらとした汚れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護保険 住宅改修費用補助

要支援または要介護の人がいる住宅に「本人にとって必要な改修」を施す場合、費用の一部を介護保険から補助するという制度があります。かかった費用のうち、同一世帯で合計20万円分までは、9割または8割を補助するというものです。(自己負担額が1割の人と2割の人がいるため、補助金は9割または8割になるわけです。) 手すりを付けたり、車いす用に段差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母 介護ノイローゼ?からの脱却

要介護4の老父(86)は常時おむつの人です。 出る日は日に3,4回のおむつ交換が必要になります。 老母(83)が交換すると老父の機嫌が悪くなり ズボンをはかせようとしても足を突っ張ったままにして抵抗する、 というので、私が交換していたのですが 老母がそばで見ながらカンに触ることを言います。 ・「アンタは、じいちゃんにかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家事・育児・介護と貨幣経済

貨幣経済においては 「総資産=総資源」であって すべての資源に値段がつくのだそうですね。 買いたい人がいれば砂一粒にでも値段が付く。 でも こと、 自分や家族のために行われる家事労働に 値段は付きません。 一般の「家事労働」であれば ヘルパー代や家事代行料として、値段が付きます。 でも、主婦などが自分や自分の家族のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進歩しないかな 排泄ケア

介護の話です。 認知症高齢者の排泄ケア。 ネット社会になり、 困っているのは自分ひとりじゃないと知ることができるので 幾分救われるわけですが。 困っている人、本当に大勢おいでです。 こんなにみんなが困っているのだから そろそろ画期的な排泄ケアのアイデアがでてきてもいいのでは。 紙おむつが普及して 数十年前より始末が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老親介護 兄弟に感謝だけされても

何事も、感謝することは大事です。 感謝する心があれば、自分は幸福でいられます。 自分はね。 介護の現場でも、感謝は大事です。 介護される側だけでなく、する側も。 認知症の相手が、笑顔を返してくれる、 それだけで幸福です。 ありがたい。 問題が起きるのは 家族間ですね。 兄弟姉妹の誰かにだけ 親の介護を任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーフローするチューブ 生物は何でも

尾籠な話で恐縮です。要介護4の老父(86)は、このところ常に便秘で、4~5日おきに座薬を入れないと出ません。体調が悪い部類に入るんでしょうけれど、このほうが介護はものすごく楽です。こうなる前は失禁しても気づかず、始末が大変でした。ほぼ毎日でした。何から何まで、漂白+お洗濯~♪ でも今は、座薬だと便意を認識できるらしく、入れて2時間くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人になると行方不明に 長生きは寂しい

老母が騒いでおります。70年来の友人が「行方不明」だそうです。 その方は、少々認知症になられ、「特養」のデイサービスに通っておいでだったのですが、 「進んだ」ということで、その系統の「病院」に入院されました。 その後、別の病院に移されたらしいのですが、どこに行かれたのかワカラナイと言います。 以前から息子さんご夫婦と同居され、ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛みは数量化できない

今週の月曜でしたか、NHK「クローズアップ現代」で「腰痛」の話題を取り上げていました。 ストレスが、痛みを強く感じさせてしまうのだということでした。 あまりに痛い場合、人間の体には、痛みを強く感じないようにするしくみが備わっているのだけれど、ストレスがあるとそのしくみが働かないのだそうです。 で、運動系の機能には特に異状がなくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二世帯住宅の弱点 親が老いたとき

家を建てたり改造したりするとき、 20年先、30年先のことはなかなか考えられないものですが、 二世帯住宅をご検討のときは、 介護のことも想定されるとよいと思います。 親が老いてしまうと、 若い方は、そばにいるだけにほうってもおけず、 同居の場合と同じように 24時間体制の世話を期待されます。 そうなると、二世帯の場合…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

在宅看取りがしやすい社会にならないかなあ

84歳になった老父が、日に日に衰えてきています。老母が先月、かかりつけ医に「(老父が)寝てばかりいる、囲碁にも出かけなくなった」と愚痴ったために、老人性うつだろうということでパキシルを処方されたのですが、二男のときとはちがって落ち込んで気力がないという感じではなく、動かなくても微妙に快活だったため、私は鬱じゃないと思い、飲ませないでおき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人にも抗鬱剤??

老父は84歳になりました。医者嫌いです。ぜんそく気味なので内科からそれ関係の薬を処方されて飲んでいます。かかりつけの内科は、薬局が別でなくて、昔通りに医院の中で薬も調製してくれます。だから持病があってある程度薬が決まっている患者は、毎回診察するのではなく、受付で「薬だけください」と言ってもらうことができます。そんなシステムなので、老父が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は人を助けるために ――生きる意味 

老母が、朝のグチグチ話の中で、「もう何のために生きているんだかわからない」と言うので、仕方なく「それじゃーわたしのために生きて」などと殊勝なことを言ってしまいました。 心にもないことだったのに、どうして言っているんだろう、だってほかにどう言えばいいんだね、と思いながら廊下を歩いてきたら    人は人のために生きているんですよ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

思い出の使い方

ボケモン(呆けっとモンスター)進化中の老親と暮らしていると、振り回される感は常にあります。8時半の時点では「今日は○○さん(=かかりつけの内科)に行く日。午後に行く。」と言って運転・付き添いを頼んだくせに、10時半に身支度をしてやってきて「じゃあ、頼むね」と。医院には予約しているわけじゃないので、何時に行ってもいいんですけど。「午後じゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more