テーマ:老人介護

認知症で口座凍結? 家族の苦労ばかりが増える

昨夜(2019年4月16日22時過ぎ)、何気なく見ていたNHK。 本人死亡だけでなく、認知症でも口座が凍結されるのだとか。 銀行は、その認知症情報をどこから仕入れるのでしょう。 老父が死亡した時は、没後けっこうすぐ申告したせいでしょうか、こちらから申し出るまで銀行は把握していませんでした。 家族が申告する以前に認知症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VR MR 排泄介護の役には立たない

仮想現実だの、複合現実だの、はやぶさ2が、リュウグウに穴を開けるだの、昨今の科学技術の進歩は本当にめざましい。でも、それらが発展したところで、介護の何の役に立つでしょう? 排泄介護は全然楽になってません。おむつが多少進歩しただけ。肝心の部分に「手作業」が必要だってことは何も変わっていません。 排泄介護を楽にしようという研究、誰かや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護は災害と同じ 「務め」と言うのは酷

要介護4で自宅介護していた父を昨春に見送り、今は老母を家でみています。今年2月に出た認定は要介護1ですが、もうたぶん、もっと進んでいます。特段の病気はないのに、重病人だと思い込み、生活の大半を娘に頼り、横になってばかりの毎日ですからね。使わない筋肉は落ちる。それに比例して頭も衰える……。 老親を介護しているとつい愚痴になるので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の食事 ひたすらにトロミ

老母(86歳)。要介護1です。 老父は、昨年、要介護4・87歳で亡くなりました。 中でつながっている二世帯住宅なのでほぼ同居です。 「生計は別」だと老母には言い張られますが こちらの「労働力」は老母によって無限に使われます。 老母の食事、 6月初めまでは朝食だけ作ってやっていればよかったのに、 その後、昼と夜も私が作る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母の服薬 「成人」の年齢

86歳の老母。アタマが変になってます。 便秘薬の飲み過ぎで下痢になりました。 どのくらい飲んだのか聞くと、 老母「箱に『成人』は通常一回に何錠、って書いてあるわけでしょ? でもさ、『成人』て、せいぜい50代から60代まででしょ」  ――は??? 老母「で、ワタシはもう、それの倍ぐらいの歳なわけでしょ」  ↓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掃除機用水洗いヘッド スイトルに期待 介護のために

先日の「ヒルナンデス」で紹介されていました。こぼしたラーメンを汁も固形物も吸い取って、カーペットはきれいになり、除菌水の素を使えば匂いも出ないそうです。 シリウス 掃除機用水洗いヘッド「スイトル」 通販で2万円前後の価格がついているようです。 まだ、じゅうたんやカーペットにしか使えないそうですが フローリングや畳、ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母のラジオ 「日本語の放送が入らなくなった」と

要介護1の老母(86歳)。 どんどんボケが進み。 多少は、自覚も出てきて、先日、 「CDの操作がわからなくなるので、ラジオを聞くことにした」と、 なじみの電気屋さんからラジオを買いました。 「いちばん単純な操作で済むものにして」と言って 持ってきてもらい、 「どうせNHKしか聞かないからNHKに合わせて行って」と頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆け初めの老母が怖い

老母は86歳。今の所、要介護1ですが、認知症のカテゴリーではないかもしれない部分でどんどん壊れていっています。 数週間前まで「何があっても救急車には乗らない!」と豪語していたのに、 このごろ、関心が自分の体調にしか向きません。 のどが詰まる、食欲がない(しっかり食べていても)、便秘だ、痔だ、胸が痛い、痰が切れない、のどが渇く、後鼻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more